平安左市遺店菓匠最旧老舗笹屋伊織

毎月20日21日22日は「どら焼」の日です。

平安左市遺店菓匠最旧老舗笹屋伊織

平安京の入り口であった羅城門から、大内裏まで北にまっすぐ伸びる朱雀大路を挟み、東側を左京、西側を右京と呼ばれており、 左京と右京にはそれぞれ一つずつ、市が設置されておりました。左市(東市)と右市(西市)です。

弊舗は1716年の創業より左市にのあった場所に店を構え、その地に残った菓匠の中で最も古い老舗でありました。
『平安左市遺店菓匠最旧老舗 笹屋伊織』と称された由縁と伝えきいております。

行器(ほかい)

平安左市

平安京で流通していた銅銭をかたどった木型で、「平安左市」という菓子を作りました。
”こしあんと栗あんを使用したお菓子で、”京都まで足を運んでくださったお客様だけに"、京都限定でご用意させていただいております。

Copyright (C) 2017 Sasaya Iori Corporation. All Rights Reserved.

produced by Move.Co.,Ltd.